丸くやわらかい。

アラサーがゲームについて語ります。欲しいものリスト: https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/1AEZ2BJJXUBH3?ref_=wl_share

「エルドレインの王権ドラフトはやはり緑黒なんですよ」と紹介するだけの記事。

MTGアリーナのドラフトをやっていると、明らかに丸いアーキタイプという物が存在します。

 

 

というのも、アリーナのドラフトはAI相手にピックを行う方式をとっており、AIが一定の指向性をもってピックしている以上は偏りというものは確実に存在するわけです。

初心者と熟練者が混在し、同席したプレイヤーの練度によってピックが大きく変わるリアルのドラフトとは、そのランダム性の大小は比べるべくもありません。

 


ラヴニカの献身ドラフトをやっていた時、大量に流れてくる《欲深いスラル》を思考停止状態でかき集めているだけでいつのまにかオルゾフになっていた経験は、当時のドラフトをやったことがあるプレイヤーならば皆あると思います。

どうもエルドレイン次元においてもそういった偏りがあるようです。

 

 

具体的にはタイトルにある通り、“緑黒” なのですが。

 

 

今回は最近ドラフトに凝っている私が緑黒がどれだけ素晴らしいかを徹底的に解説していきたいと思います。読者レベルは「あんまりドラフトしない人」くらいを想定しています。

エルドレインのもっと深い事を知りたい方は、プロの戦略記事なり有料のnoteなりを利用する方が求めている結果を得られるのではないかと思います。

 

 

では、始めていきましょう。

 


「リミテッドはそのセットがフィーチャーしているメカニズムになんとなく沿ってデッキを組むことを意識すると、とりあえずそれっぽくなるよ」
というのは遥か昔にマジックの大先輩から教えて貰った事です。

 


セットの主要メカニズムには当然数多くのサポートが存在しているわけですから、それは疑いようのない事実です。そのセットはどんなシステムを提示し、我々に何をさせたいのか。そういった事を読み取る事がリミテッドを知る第一歩となるでしょう。


では、エルドレインの王権における主要メカニズムというのは?

 


即ち


騎士
出来事
一徹
食物


の四天王です。

 


人間でないだとかカードを2枚以上引くだとか他にもありますが、基本的にはこの4つが(開発の想定する)エルドレインの王権における主要メカニズムと言えるでしょう。
騎士は赤黒白を中心に各色に存在し、一徹は全色に均等に配られています。そして、出来事は白と緑が多いものの各色コモンに最低2種類は存在しています。

 


ですが、食物トークンを用いるカードだけは、緑と黒がただただ圧倒的に多いのです。これは緑と黒が特別な位置にいる理由を端的に示しています。

 

 

 

補足追記:

この理論で行くとカードを2枚引くメカニズムを有する赤青もまた特別な立ち位置の色という事になるのですが、緑黒と比較して「カードを引くカード」「カードを引いたら効果を発揮するカード」をバランス良くピックしなければいけない関係上デッキ構築のハードルが高かったです。

(私のピック技術によるものもあるのでしょうが)固有のアンコモンやレアがないとカードを引いたり捨てたりしているだけのデッキ未満の束になってしまう事も多く、立ち位置としては緑黒よりも大きく劣るイメージです。

緑黒の優位は揺るぎませんね。

 


では、緑黒の主要カードたちを見ていきましょう。
何はともあれリミテッドは除去を知らなければなりません。

 

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015033430p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015033455p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015033420p:plain
コモン除去たち。《魂裂き》の範囲内なせいで白の5マナ3/4飛行の信頼性が低いなど、
環境の中心として多大な影響を及ぼしています。

 

 

《魂裂き》と《パイ包み》 黒の主要な除去はこの2枚となります。
《魂裂き》が便利な1枚であることは言わずもがな。特筆すべきは《パイ包み》でしょう。
《一口の毒草》や《大蛇の儀式》、《刺突》《奈落への放逐》といった過去の黒のコモン確定除去と比べると非常にハイスペックな事がよく分かります。

4マナ、インスタント、食物トークンのおまけもついてきます。素晴らしいですね。

 


同じ万能除去である白の《塔への閉じ込め》は、装備品が多用される関係上、メインに差し込まれた置物対策で割られるリスクがありますが、黒の除去にそういったものはありません。

 

 

とはいえ、コモンの黒除去三番手の《華やかな葬送》は使い難いです。

ライブラリーアウト狙いの青系デッキ以外には-3/-3程度の修整しか見込めない事が難点です。《マーフォークの秘守り》と《無礼の罰》が大安売りされる関係上、LO狙いのデッキは一定数確実に存在するのですが、騙されてはいけません。

確定除去だったとしても5マナで適性コスト程度です。優先度は先の2枚には遠く及びません。

 

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015034530p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015034536p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015034542p:plain
LOのパーツは本当に安いです。4枚取れる時すらあります。
ですがご安心を!黒は《永遠の若さ》というLO対策カードまでも有しているのです!


黒のアピールポイントとして、今回は除去の質が良いという話ができましたね。

では、それに対して緑の一番のアピールポイントはと言うと、それはもちろんクリーチャーの質の良さなのですが、今回の緑はアグロデッキに対して特に強い耐性を持っています。

 


《知りたがりの二人》は何もしないターンになりがちな1ターン目を有益な時間にしてくれますし、《イタチ乗りのレッドキャップ》《リムロックの騎士》《若年の騎士》《マラリーフの乗り手》といった攻めっけのある序盤のクリーチャー群に対して役割を持てる2マナ1/3です。

 

 

これに限らず緑の序盤のカードはかなり固めです。
例えば、緑のブロッカー代表の《胞子頭の蜘蛛》を単体で超えられる生物は数える程しか存在しません。
だからこそ、装備品が重要になってくるのですが、緑の《薔薇棘の矛槍》と黒の《巨人の串》はコモン装備品の中でも特に強力なカードです。こういった点も恵まれていますね。《水晶の靴》なんかとはわけが違います。

 

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015061412p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015035429p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015035446p:plain
カジュアルに3/6到達を作らないでほしいものです。
3T蜘蛛はギリギリ《魂裂き》されても致命的なテンポ損にならない辺りがいやらしい。

 


緑黒でデッキを組む以上は食物メカニズムを意識したピックを行う事になるのですが、実は出来事や一徹とも相性が良く、受けが広いのがセールスポイントです。
緑が出来事シナジーの色な事もあり、《エッジウォールの亭主》や《幸運のクローバー》をピックして "アドベンチャー・デッキ" を組むのも良いでしょう。

 

 

2t《幸運のクローバー》から《季節の儀式》で一時的なマナ加速をして《恐怖心の収穫》は最早即死コンボの域です。

儀式を経由せずとも4t《恐怖心の収穫》での4枚ディスカードは温いキープをした対戦相手を圧倒的なアドバンテージ差で迅速にゲームセットに追い込む事ができます。

個人的にエルドレインドラフトで一度はやっていただきたい動きですね。

 

 

緑は《薔薇棘の見習い》というマナ加速+色マナ安定+2/3の壁というハイスペックマナクリーチャーがコモンで流れてくるので、一徹も狙いやすいです。

《凶兆の果実》でおまけの食物トークンを貰う程度のレベルでも悪くはないですが、ここは《ギャレンブリグの聖騎士》の運用を試みるべきでしょう。5/5という破格のサイズにブロック制限というフィニッシャーとして十分な性能を有している事もあり、実際に一徹を狙う価値も、大きなリターンもあります。

 

 

2色土地がひとつもないエキスパンションでも、《パイ包み》のための黒ダブルシンボルを用意しつつ、《ギャレンブリグの聖騎士》のための緑トリプルシンボルを用意することもできるわけです。そう、《薔薇棘の見習い》ならね。

 

 

こういった、食物トークンを活かしつつも出来事シナジーや一徹も無理なく運用できる受けの広さが緑黒を最強カラーたらしめている一因だと私は思います。

 

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015042112p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015042128p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015042135p:plain
この辺りの緑のクリーチャーは書いてあるメカニズムこそバラバラです。
ですが、当然のように共存しますし、どれも単体で非常に強いです。

 

 

そもそも、出来事と食物というメカニズムがリミテッドにおいて非常に強いのです。

食物の3ゲインはちょっとやり過ぎです。コモンの4マナ4/4に好きな時に3ゲインできる置物がオマケでくっついてきたら、そりゃアグロはよほど上手く組めないと厳しいですよ。

 

 

出来事カードは基本的にカード2枚分です。バランスを取るために、出来事の方はちょっと重かったり、タップをするだけだったり、弱めのコンバットトリックだったりと控えめの調整をされています……が、ただのコンバットトリックでもクリーチャー1体を討ち取って、次のターンにそこそこのサイズの生物が出るのですから、よくよく考えるとコモンでやれるラインを少々逸脱している気がします。

しかも黒の出来事は能動的に撃ってアドバンテージを得られるものが多いのです。

 

 

これは時事ネタになってしまうのですが、現在のアリーナは重めの出来事カードが少々相場より安く流れてくるようで、残りのカード枚数が5枚6枚程度になってもまだそういったカードが流れてくる事が多いです。

 

 

《チューインベイルのツリーフォーク》と《夜の死神》は顕著で、「中盤のマナカーブを埋められて」、「終盤にはフィニッシャーになり」、「意識しなくとも後ろの方の手番で流れてくるコモン」という、最高のカードと化しています。

 

 

※今は少しだけ点数が高くなっているようです。《夜の死神》を2枚も3枚も取れる状況は減りました。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015040205p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015061948p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015040233p:plain

 

 

さて、ここまではコモンをメインに紹介させていただきましたが、これに優秀なアンコモンをちょいちょいと加えるとぐっとデッキが引き締まるでしょう。

緑黒デッキを強力なものにしてくれるアンコモンの面々を紹介いたしましょう。

 

 

緑黒でデッキを組むとやたらと出てくる食物トークンを-3/-3修整に変える能力を持ち、自身は3/3飛行と非の打ちどころのないスペックを持つボムアンコモン《沼のいたずら好き》は対処できなければ敗北は必至という程の制圧力を持ちます。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053437p:plain

 

「グレイブディガー能力」と2マナ2/2飛行という脅威の組み合わせ。後引きしても良し、2tに出して《巨人の串》でも持たせてアタッカーにするも良しの万能カード。出来事での「2枚分の働き」を高次元のレベルでこなす《真夜中の騎士団》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015040217p:plain

 

これに《パイ包み》を当てられないとただただ巨大なサイズで殴られ続ける事になります。3マナ→5マナのジャンプアップに加え、10/10オーバーも夢じゃない大型フィニッシャー。緑黒同型の睨み合いに差をつける、環境最大サイズを誇る《豆の木の巨人》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053414p:plain

 

貼るだけでアグロデッキの息の根を止める、睨み合い環境の元凶のひとつ。一目見ただけでは分からない凶悪さですが、一度使えば分かります。「適当に並べて仕返しを貼ると普通のアグロはそこで終わる」と言わしめる最低最悪のエンチャント《カラスの仕返し》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053426p:plain

 

そしてそんな環境において、睨み合えば睨み合うほど強い彼。5/4サイズに加え、じわじわとライフを削り、チャンプアタックが脅威と化す能力。何故相手でも自分でも誘発するのか意味不明な《厳格なもの、コンラッド卿》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053605p:plain

 

殴ってもブロックしても食物トークンを生成し、それをドローに変換までする彼女。《ギャレンブリグの木工士》を構えながら殴り始めたら勝利は目前。体感2回くらい殴ってまだ無事だったら概ね勝負は決まっている《抜け目ない狩人》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053556p:plain

 

速攻アタッカーにも、いやらしいブロッカーにも。《魔女のかまど》とのコンボでの“詰ませ係”までこなす。相討ち狙いで殴り、死んだら食物を起動して戻し、また殴るだけで壊れた強さを発揮してしまう《不死の騎士》。

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015053536p:plain

 

 

……駆け足になってしまいましたが、主要なアンコモンはこの辺りでしょうか。

《オークヘイムの敵対者》や《パンくずの道標》のような、今紹介しなかったカードも強力なカードが多い――というよりは緑黒は弱いアンコモンが非常に少ないです。

全体的な質が高く、明らかな外れアンコモンやレアが出にくいんですよね。

それは偶然出たレアをデッキに組み込み易いという事も意味します。

 

 

《呪われた狩人、ガラク》は出した瞬間ゲームセットですが、勿論緑黒のデッキでしか採用できませんし、そこまで行かなくとも緑黒には《意地悪な狼》《金のガチョウ》《貪るトロールの王》《グレートヘンジ》《探索する獣》《カタカタ橋のトロール》《残忍な騎士》《群れの笛吹き男》《悪ふざけの名人、ランクル》……と書ききれないほどの強レアがあります。

 

 

f:id:AnCovered_Mochi:20191015044303p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015044316p:plain f:id:AnCovered_Mochi:20191015044334p:plain

 

 

普通に組んでも強い上にレアの受けまで広いとは、緑黒、底知れぬポテンシャルを秘めています。

これで、どれだけ緑黒というアーキタイプが完全無欠であり、最強であるか、読者の皆さんにも少しは伝わったと思います。

 

 

さて、今回は如何に緑黒が最強のドラフトアーキタイプであるかを(1ヶ月前の僕のような)ドラフトしない方向けに解説させていただいたわけですが、

こういった偏りが存在するのは仕方がない事ではあります。冒頭でお話したように、AIがピックをしているわけですからね。

 

 

 

現在は(3日ほど前のアップデートで)ある程度アリーナのドラフト用AIに調整が加わっており、筆者がこの記事を書いていたときのような「右も左も緑黒!緑黒ピックが板!どれだけ美しい緑黒を組めるか競うフォーマット!」という感じではなくなりました。

筆者もドラフトをやるたびに色々なアーキタイプを組んで楽しんでおります。

 

 

最強緑黒コンテストもそれはそれで今だけ感があったので貴重なゲーム体験ではありましたし、AIの調整ごときで途中まで書いたこの記事を消すのも忍びなく、最近ブログの更新そのものが滞っていたという事もあり、過去の資料としてとりあえず文章に残しておこうと思った次第であります。

 

 

もちろん、現状も綺麗に組めれば緑黒が最強に限りなく近いアーキタイプという認識は揺らいでいません。

ですが、現在はこれだけ完全無欠な緑黒が組めるような状況は少なくなっており、まぁまぁの出来の緑黒に対して様々なアーキタイプがしのぎを削っております。

 

 

「《金のガチョウ》から2ターン目に《王冠泥棒、オーコ》の流れはもううんざりだよ!!!」

とお嘆きの貴方、そう、そこの画面の前の貴方です。

 

 

スタンダードのやる気がイマイチ出てこない今、筆者と同じように5000ゴールドを投げ込んでドラフトに手を出してみるのもおすすめですよ。

とりあえずここまで読んでくださったなら、困ったら緑黒を意識すると良いと知ることができたわけですしね。

 

 

1ターン目ガチョウからオーコを出される確率が0%とは言いませんが。

少なくとも、スタンダードよりは低い確率でしょうから。